• 診療科・部署の紹介

  • ≫
  • 臨床検査科

HOME » 診療科・部署の紹介 »臨床検査科

臨床検査とは

患者さんのからだの状態を正しく知るために行う検査を臨床検査といい、そこから得 られた情報は、医師が病気の診断や治療方針などを決める際の大きな指標となります。

臨床検査の種類

臨床検査は、患者さんから採取した血液・尿・便・痰・組織などを間接的に調べる検体検査と、心電図・脳波・超音波検査など患者さんの体を直接的に調べる生理機能検査の2つに大別されます。更に検体検査は、 生化学血液尿一般免疫血清微生物(細菌)病理(細胞診)輸血 といった部門に分かれています。

尚、各部門別の詳細については、上記各部門名をクリックし、参照して下さい

当院臨床検査の理念

  1. 診療のニーズに即応した検査を、効率よく実施できる体制を整える。
  2. 精度の高い良質の検査情報を、迅速且つタイムリーに提供できる診療支援体制を構  築する。
  3. 日進月歩の現代医療に遅れないよう、絶えず新しい知識及び技術の習得に心掛ける。
  4. これからの医療はどうあるべきか、という問題意識を常に持ちながら各自の業務に専念する。

当院臨床検査の特色

当院の臨床検査科には、生化学自動分析装置をはじめとする多くの最新検査機器を備えており、信頼のおける(精度の高い)検査結果を迅速に報告できるようにしています。また、「誰でも・何処でも・何時でも」をモットーに日・当直制を敷き、365日24時間緊急検査に対応しています。尚、外来採血業務や生理機能検査等で患者さんと直接接するところでは、特に笑顔で思いやりのある温かい対応をするよう、接遇に心掛けています。

その他

精度保証施設認証取得(日本臨床衛生検査技師会主催)

一般施設認証制度初年度(平成24年度)より現在に至り、提供する臨床検査値は、
標準化され、且つ精度が十分保証されている施設として認証されています。

主に参加している精度管理調査

  • 臨床検査精度管理調査(日本医師会主催)
  • 日臨技臨床検査精度管理調査(日本臨床衛生検査技師会主催)
  • 愛臨技精度管理調査(愛媛県臨床衛生検査技師会主催)
    日常の内部精度管理実施はもちろん、毎年、上記外部精度管理調査等にも参加し、常により精度の高い良質の検査データを提供できるように努めています。

主な取得認定資格

  • 細胞検査士
  • 認定輸血検査技師
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 愛媛糖尿病療養指導士
  • 認定超音波検査士
  • 緊急臨床検査士
  • 二級臨床検査士

ページのトップへ