臨床検査科

輸血検査部門

手術や貧血の治療などで輸血が必要になった場合、血液型検査(ABO式・Rh式など)、患者さんと血液製剤との適合性を調べる交差適合試験、及び、患者さんの血液中に自分以外の血液型に対する抗体がないかどうかを調べる不規則抗体検査などを行っています。不規則抗体をもっている場合には、その人の血液に適合した血液型を輸血しなければならず、いずれにしても、これら輸血検査は、1つ間違えれば生命にかかわることもあり、安全に輸血するためにとても重要な検査です。

尚、当院は、血液製剤の備蓄所にもなっており、輸血用血液製剤の血液センターへの発注及び保管・管理も行っています。