• 診療科・部署の紹介

  • ≫
  • 画像センター

HOME » 診療科・部署の紹介 »リハビリテーション科

リハビリテーション科部署紹介

理学療法

理学療法では主に整形疾患、脳血管疾患、外科手術後、慢性疾患などの病気・傷害によって生じる機能・生活動作におけるさまざまな問題に対し、機能訓練や日常生活でおこなう基本的な動作、「歩行」、「階段昇降」などの動作訓練を患者さんの状態に合わせて個別に実施しています。また、家族と協力し、介護指導、杖・装具などの指導もおこない早期家庭復帰を目指しています。

作業療法

作業療法では、整形疾患や脳血管疾患などにより障害を負ってしまった患者さんに対し、より早く自立した生活や社会復帰が獲得出来るように、早期から機能回復 訓練や日常生活動作訓練、また高次脳機能訓練を行っています。作業療法室には 居間や台所、また風呂場等があり、実際の生活場面を想定した治療も行い早期家庭復帰を目指しています。

言語聴覚療法

病気や事故などにより、言葉の障害が起きた方に対し、「聞く・話す・読む・書く」 といった言語の機能や発音の訓練を個人の状態に合わせて行い、日常のコミュニケーション能力の向上を図ります。言葉の障害以外の高次脳機能障害に対しても、日常生活上の支障が減少するように援助します。また、食べる(摂食・嚥下) 機能が低下した方には摂食嚥下訓練を行い機能の改善を図ります。

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患や脊髄損傷、大腿骨頚部骨折等の患者さんに対して、食事、更衣、排泄、歩行、会話などの日常生活動作の能力向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションを365日間毎日提供しています。

訪問リハビリテーション

訪問リハビリでは、旧西条市圏域を中心にご自宅でのリハビリを実施しています。脳卒中や骨折等の手術で退院後のリハビリを受けたくても通院が困難な場合や日常生活動作に支障がある場合など、実際の生活場面に沿ったリハビリを行い、安全な自宅生活が送られるように支援していきます。

ページのトップへ