薬局

薬剤師採用情報

応募をお考えの方へ

薬局では、患者さんに有効かつ安全な薬物療法を提供できるように努めています。 主な業務は、入院患者さんおよび外来患者さんの調剤業務、注射薬や抗がん剤の調製業務、病棟薬剤業務、服薬指導、医薬品の情報収集と提供、医薬品の管理業務です。


当院の調剤業務では、調剤の前に用法、用量、お薬同士の相互作用の確認を行っています。 これらの確認には、医薬品情報データベースを用いて行っています。 したがって、データベースからの情報提供を補助的に受けながら業務を行うことで、幅広い医薬品の特性を学ぶことができます。


また、PTP包装された薬剤を自動で払い出すことができる自動調剤棚milleを導入しています。 milleを活用することで、薬剤の取り間違いや取り忘れなどの調剤過誤を防ぎ、医療安全に努めています。


入院患者さんに対しては、病棟担当薬剤師を1名ずつ配置し、個々の患者状態に応じた指導や薬学的管理を行っています。 また、栄養サポートチームや感染対策チーム、化学療法委員会、医療安全委員会などにも参加し、チームアプローチで患者ケアに携わっています。


済生会西条病院 薬局の4つの特徴
育児支援制度が充実

出産や育児をしながら長く働けるように、育児支援制度が充実しています。 子供の病気による欠勤や、託児所からの呼び出しによる早退等も、他の職員がフォローしてくれるので安心です。


また、子供の学校行事なども、他の職員の理解があるため気兼ねなく休みを取ることが出来ます。


ワークライフバランス

なるべく残業時間が生じないように、必要な業務のみ行うよう常に業務の見直しを行っています。


調剤支援システムが充実

医薬品情報データベースを用いた処方監査や、自動調剤棚milleを用いた調剤業務を行っており、有効かつ安全な薬物療法を学ぶことができます。


キャリアアップを支援

主な業務を1〜3ヶ月のローテーションで行っています。 様々な薬剤師業務を経験することができるため、特に”ジェネラリスト”としての経験を多く積むことができます。


さらに、新たな業務を創る、あるいは業務を改善できるスキルを学ぶ”マネージャー”として経験を積むこともできます。


教育体制

患者さんに有効かつ安全な薬物療法を提供できるようになるために、1年間で病棟薬剤業務以外の基本的な薬剤師業務の基礎を学んでいきます。


当院の調剤業務では、調剤の前に用法、用量、医薬品の相互作用の確認を行っています。 これらの確認には、医薬品情報データベースを用いて行っています。 したがって、データベースからの情報提供を補助的に受けながら業務を行うことで、幅広い医薬品の特性を学ぶことができます。


主な業務を1〜3ヶ月のローテーションで行っているため、様々な薬剤師業務を経験することができます。 したがって、当院の特徴は特に”ジェネラリスト”としての経験を多く積むことができます。


”ジェネラリスト”としての経験はもちろん、医療薬学指導薬剤師や感染制御専門薬剤師等が感染対策チーム、化学療法委員会での業務を支援することで、”スペシャリスト”としての経験を積むこともできます。


さらに当院では、医療経営士の指導下で”マネージャー”として経験を積んでいただくこともできます。 具体的には、新たに得た知識を用いて、職員全員が実施できる新たな業務を創る、あるいは業務を改善できるスキルを身につけることができます。 我々は、そのようなスキルを身につけることはとても価値が高いと考えています。


見学・問合せ

見学やweb面談を希望される方は随時受け付けています。 下記の連絡先までご連絡ください。


問合せ先

ページのトップへ