薬局

薬剤師採用情報 応募をお考えの方へ

薬局の仕事の特徴

お薬に関するすべてに関わっています。


薬局は、院内のお薬に関する業務すべてを担当する部署です。 外来のお薬受け渡し口や入院のベッドサイドで患者さんへお薬の説明を行うほか、チーム医療の一員として、お薬が安全かつ有効に使われるよう活動しています。


当院を訪れた方は、薬剤師と直接話す機会も多いかと思います。


お薬に関してご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。


主な仕事内容
外来でお薬をお渡しする

医師からの処方箋をもとに、お薬の量・飲み方・飲みやすさ・飲み合わせなど、お薬が安全かつ有効に使われているか確認しています。


また、服用上の注意を記載した「お薬の説明書」を作成し、患者さんにお渡しています。


特に新しいお薬が出たり、飲み方などが変わった場合には丁寧な説明を心がけています。


入院ベッドサイドでの仕事

薬剤師を各病棟にひとりずつ配置しています。


他院で処方されたお薬や退院後のライフスタイルも踏まえた上で、お薬の飲み合わせや飲みやすさ・飲む時間などを提案しています。


チーム医療を担う一員として、医師や看護師、コメディカルなどのスタッフとともに治療計画に参画しています。


お薬の中には、血液中におけるお薬の濃度から効き目や副作用を判断できるものがあります。


当院では主に抗生物質や心臓の病気に使うお薬などについて詳細に確認を行い、これらのお薬の有効かつ安全な使用、および疾患の早期回復に取り組んでいます。


注射剤調剤

医師からの注射剤処方箋をもとに、注射剤を患者さんごとに取り揃えます。


お薬の量や、投与する方法、組み合わせなど注射薬が安全かつ有効に使われているか確認しています。


医薬品情報提供業務

お薬の情報は膨大かつ日々更新されるものです。


必要な情報を収集し、さらに整理・保管していつでも取り出せるようコンピューターを用いて管理しています。


これにより医療スタッフおよび患者さんへの迅速な情報提供と、有効かつ安全なお薬の使用を実現するよう努めています。


ページのトップへ