概要

血液内科では、健康診断で指摘された白血球・赤血球・血小板数の異常値や異常細胞の出現、リンパ節の腫脹、血液凝固の異常などから血液疾患が疑われた方だけでなく、かかりつけの医療機関で血液疾患(鉄欠乏性貧血、突発性血小板減少性紫斑病などの良性疾患や、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍)などを対象としています。


次のような症状を扱っております。

  • 白血球が多い、少ない
  • 赤血球が多い、少ない
  • 血小板が多い、少ない
  • リンパ節の腫大
  • 脾臓の腫大
  • 出血しやすい
  • 血が止まりにくい
  • 連日著明な寝汗をかく   など
医師紹介
小西達矢

内科非常勤医師

小西達矢

血液内科 担当

出身大学・卒年

愛媛大学・平成26年卒

関連教室

愛媛大学医学部 血液・免疫・感染症内科学

資格・認定医

@日本内科学会認定内科医

A日本血液学会血液専門医

B日本がん治療認定医機構がん治療認定医

C日本内科学会 JMECCインストラクター

D日本救急医学会 ICLSインストラクター

所属学会

@日本内科学会

A日本血液学会

B日本造血細胞移植学会

C日本輸血細胞治療学会

D日本臨床腫瘍学会

E日本感染症学会

特徴・特色

血液内科学(特に白血病や造血幹細胞移植など)を中心に、愛媛と東京で学んできました。

自己紹介

愛知県出身です。 令和2年4月より着任しました。 よろしくお願い申し上げます。

ひとこと

的確でより良い医療の提供に努め、患者様が安心して治療できるよう心がけ診療させて頂きます。

外来担当医表
 
午前(内科4診)     小西
(愛大)
     
午後(内科4診)     小西
(愛大)
     

水曜日のみの診療となります。
血液内科の予約外の診察受付は、16:00までになります。

 

ページのトップへ