• 診療科・部署の紹介

  • ≫
  • 栄養部

HOME » 診療科・部署の紹介 »栄養部

患者さん一人ひとりに合った栄養管理を

当院では、医師の指示に基づき治療の一環として栄養管理と給食管理を行なっています。

患者さんにとって食事は最も重要な楽しみのひとつであります。患者さん一人ひとりに合った栄養ケア・管理を計画し、満足していただける心のこもった食事を提供できるように日々取り組んでいます。
また、食中毒をはじめとする感染対策にも適切に対応し、安全で安心して美味しくいただける食事の提供を心がけています。

生活習慣病や栄養不良の患者さんには一人ひとりに合った栄養ケアをサポートできるように個別対応で栄養指導を実施しています。

栄養部人員構成

栄養部科長(NST専門療法士)・主任管理栄養士(NST専門療法士:NST専従)・管理栄養士の3名です。

給食は、日清医療食品株式会社に委託しています。

NST(栄養サポートチーム)について

平成14年より、栄養障害を生じている患者さん、または、栄養障害を生じるリスクの高い患者さんに対し、専従の管理栄養士と専任の医師・看護師・薬剤師などで構成されたチームにより、栄養状態改善への取り組みを行なっています。

栄養指導について

  • 入院中や、外来で個別に栄養食事相談を行なっています。
  • 糖尿病教室を月に2回開催しています。

こちらをクリック

  • 11月に糖尿病週間行事として、無料栄養相談をしています。
  • 社会福祉活動として、公民館や集会所地域の方々に栄養の講義や調理実習をしています。

こちらをクリック

 

入院中の食事について

医師の指示に基づき、「一般食」の他、様々な疾病に応じた病態別の「特別食」があります。
また、嚥下機能訓練を目的とした「嚥下食」や、アレルギー嗜好に応じた個人対応のメニューも用意しています。
平成24年度より、食欲の低下した患者さんには、「だんじり食」をご用意させていただきました。

こちらをクリック

その他

平成11年11月25日に「愛媛県知事表彰」を受けた後、平成15年9月16日に集団給食の実施を通じ栄養及び食生活の改善に顕著な功績を収めたとして「厚生労働大臣表彰」を受賞しました。

〜食事のことで困っていることや悩んでいることがありましたら、お気軽にご相談下さい〜

ページのトップへ