• 回復期リハビリ病棟

HOME » 回復期リハビリ病棟

回復期リハビリテーション病棟のご案内

家庭や社会での日常生活復帰を目標に、リハビリテーションを中心とした入院・療養を行う専門の病棟です。
医師をはじめ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護福祉士、医療ソーシャルワーカー等の様々な専門スタッフが共同して患者さんの状態に合わせたり、リハビリテーション・プログラムを集中的に実施します。日々の入院生活全体をリハビリテーションの機会としてとらえ、365日、土・日・祝日も休むことなくリハビリテーションを行っています。これより患者さんは継続的なリハビリテーションを受けることができ、住み慣れた地域で安心して生活が送れるように支援します。

病棟スタッフ
病棟風景

回復期リハビリテーション病棟を利用できる要件

疾患等 入院上限期限
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、脳腫瘍、多発性硬化症などの発症または手術後2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の脊髄損傷および頭部外傷を含む多発外傷の発症または手術後2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節の骨折の発症または手術後2ヶ月以内 90日
外科手術または肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群があり、発症後または手術後2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋・靭帯損傷後の1ヶ月以内 90日

回復期リハビリテーション病棟への転院を希望される際は、
入院中の医療機関にご相談ください。

入院までの流れ*現在ご入院中の医療機関と当院の間で申し込み・調整を行います*

入院後から退院までの流れ*リハビリテーション中心の入院生活を送ります*

医療機関の方へ

お申込みについては、回復期リハビリテーション病棟入院申込書を記載の上、診療情報提供書と一緒にFAX願います。

回復期リハビリテーション病棟 入院申込書(手書き用) プリントアウトしてご使用ください。
 ※かならず診療情報提供書を記入の上、一緒にFAX願います。

※その他、ご不明な点がございましたら、地域医療連携室(TEL:0897-55-9920)までご連絡ください。

ページのトップへ