1. ヘパリン5000単位IV
    (ワーファリンをのんでいるひとは3000単位でもよい)
  2. キシロカイン50mg(2%の静注用を2.5mL)
  3. イソゾール500mgを蒸留水20mLで溶解したものをIVしてく
    体重/10*0.75くらいから開始(体重40Kgの場合は3ml、60Kgの場合は4.5mL・・・)
    またお酒を飲む人はききにくいので体重/10くらいから開始。
    意識はなくて呼吸が浅くのこるというところがBestなかけ具合。
  4. この間ルートは何でもいいので(生食でもフィジオでも)全開でおとす
  5. 意識がなくなったところでDCをかける 設定を「同期」として、           
    1回目100J、2回目150J、3回目300Jとかける。
  6. 意識がでたら手足が動くこと、複視がないことを確認して終了。
  7. DCのやけど対策でリンデロンVGを1本だしておく

*イソゾールが使えない方の場合はセルシン1Aで行なうが、覚醒に時間がかかる、アンビュー換気は必須となることが多いです。

*心房細動の場合は血圧が80未満に低下したりしている場合を除き、発症後72時間以内、またはもともとワーファリンをのみPT=INR2.0以上でコントロールができている方にDCは限定します。(脳塞栓予防のため)

以上よろしくお願い致します。
2012年12月  循環器 金子伸吾

ページのトップへ