• 済生会西条病院について

  • ≫
  • 医療安全管理

HOME » 済生会西条病院について » 医療安全管理

医療安全管理指針

患者さん・ご家族と取り組む医療安全活動について

  • 患者さん・ご家族へ

    当院では「安全で質の高い医療の提供」を基本方針に揚げ、スタッフ一同、日々、医療安全に取り組んでおりますが、安全な医療の実現のためには患者さん・ご家族の方のご協力が必要です。 以下の内容についてご一読いただき、ご協力をお願いします。
  • 患者間違い(誤認)を防ぐための取り組み(本人確認について)

    他の患者さんと間違え、投薬、検査、処置などが行われる場合があります。 この間違いを防ぐために、外来診察や注射、採血、レントゲン検査などの際、氏名と生年月日を患者さんご本人にお尋ねし、本人確認をしております。 また、入院時には、手首にリストバンドを着用していただきます。
  • 転倒・転落を防ぐための取り組み

    転倒・転落により、けがや骨折をする場合があります。 当院では療養環境を整備し、転倒・転落の予防に努めていますが、入院中の思いがけない転倒や、ベッド等からの転落事故が起こっております。 転倒事故を予防するため、スリッパ・サンダル等の着用を禁止し、靴の着用をお願いしております。
  • お薬手帳の活用

    お薬手帳は、次のような時に非常に役に立ちます。
      @ 現在飲んでいる薬がわかります。
      A 薬の飲み合わせや薬の処方の重複を確認できます。
      B 以前の薬による副作用がわかり、同じ薬による副作用の再発を防止できます。
      (詳しくは薬剤部にお尋ね下さい。)
    外来受診、入院、また救急受診時に必ずお持ち下さい。
    お薬手帳

ページのトップへ