HOME » 済生会西条病院について » 病院情報の公開 » 病院指標 令和元年度

医療法における病院などの広告規制について(厚生労働省)


掲載日:令和2年 9月30日(水)

1. 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0 〜 10 〜 20 〜 30 〜 40 〜 50 〜 60 〜 70 〜 80 〜 90 〜
患者数 - 35 28 61 112 231 390 778 718 234

【解説】
令和元年度に退院された患者さんを、10歳刻みで集計した結果です。
全患者数のうち、70代・80代の患者さんが約60%を占めています。
この結果から、当院は二次救急医療機関として救急車の搬送受け入れを積極的に行っており、 救急搬送をされる可能性の高い比較的ご高齢の患者さんが多くを占めていると考えます。

ページのトップへ


2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内   科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病-なし
90 2.19 2.63 0.00 % 63.33
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
38 13.11 9.79 0.00 % 80.03
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
32 27.22 20.84 0.00 % 86.03
060060xx99x30x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 定義副傷病-なし
27 2.41 7.31 0.00 % 73.07
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病-なし
26 23.19 12.58 0.00 % 78.46

【解説】
内科で多い症例は小腸大腸の疾患、胆管(肝内外)結石、胆管炎、誤嚥性性肺炎、胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍です。
小腸大腸の疾患は、大腸のポリープや腺腫を内視鏡的に切除した症例で、前年と比較しても、症例数が約2倍になっています。
地域の開業医の先生方から患者さんを紹介されることもあり、最も多くなっています。



循 環 器 内 科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02030x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-3あり 定義副傷病-なし
27 7.44 9.54 0.00 % 74.48
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-3あり 定義副傷病-なし
16 4.63 5.56 0.00 % 75.00
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病-なし
12 11.67 24.43 0.00 % 79.83
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
11 8.82 5.34 0.00 % 77.09
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
10 5.50 17.71 0.00 % 74.20

【解説】
循環器内科で多い症例は、狭心症、慢性虚血性心疾患、心不全、閉塞性動脈疾患です。
当院では、カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的末梢動脈形成術、経皮的カテーテル心筋焼灼術など)に力を入れており、 関連症例の患者数が上位を占めています。
また、前年と比較して、心不全の症例が増加しています。



外  科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病-なし
30 5.47 4.40 0.00 % 64.67
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等
27 8.04 4.85 0.00 % 70.78
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-6あり
19 10.00 5.87 0.00 % 75.58
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
18 10.50 6.37 0.00 % 63.89
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病-なし.
17 2.53 2.63 0.00% 70.41

【解説】
外科で多い症例は、結腸の悪性腫瘍、鼡径ヘルニア、膵臓、脾臓の腫瘍、胆のう疾患、小腸大腸の疾患です。
地域の開業医の先生方から患者さんを紹介されることも多く、保存的加療にて改善されない場合は手術を実施しています。
結腸の悪性腫瘍は化学療法をしており、複数回入院してもらうため、患者数(延べ数)が多くなっています。また、この他に透析患者さんの治療も外科が担当しています。



整 形 外 科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
59 55.75 25.94 0.00% 85.22
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病-なし
16 25.13 19.40 0.00% 78.25
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし
11 32.45 19.59 0.00% 85.00
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等
11 48.55 23.56 0.00 % 73.45
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等
11 48.36 21.53 0.00 % 67.55

【解説】
整形外科は、骨折治療が中心となっており、股関節・大腿近位骨折、胸椎・腰椎骨折、骨盤損傷、膝の人工関節置換術の症例が上位を占めています。
股関節・大腿近位骨折、膝の人工関節置換術については、急性期治療後、家庭や社会復帰を目標に集中的なリハビリを提供する目的で、回復期リハビリテーション病棟へ転棟します。
そのため、平均在院日数が全国平均に比べ延長しています。



脳 神 経 外 科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
10 28.10 16.13 0.00 % 68.70
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
10 62.80 18.81 0.00 % 70.40
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
- - - - -
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病-なし
- - - - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
- - - - -

【解説】
脳神経外科では、脳梗塞、非外傷性頭蓋内血腫の症例が多くなっています。
非外傷性頭蓋内血腫については、急性期治療後、家庭や社会復帰を目標に集中的なリハビリを提供する目的で、回復期リハビリテーション病棟へ転棟します。
そのため、平均在院日数が全国平均に比べ延長しています。
患者数が10未満の症例は、数値を掲載していません。



眼   科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり
162 2.04 2.78 0.00 % 76.77
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり
56 5.07 5.09 0.00 % 77.29
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり
- - - - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり
- - - - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし
- - - - -

【解説】
眼科では、主に手術目的に入院しています。最も多い症例数は白内障(片眼)の手術、続いて白内障(両眼)の手術です。
地域の開業医の先生方からも多数の症例をご紹介いただいております。
結膜の障害、眼瞼、涙器、眼瞼下垂の疾患は、患者数が10未満ため数値を掲載していません。



泌 尿 器 科
DPCコード DPC名称
患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病-なし
28 2.00 2.49 0.00 % 76.07
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1-なし 定義副傷病-なし
- - - - -
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病-なし
- - - - -
110080xx991x1x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病-あり
- - - - -
060370xx9701xx 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術あり 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり
- - - - -

【解説】
泌尿器科では、前立腺の悪性腫瘍、上部尿路疾患、膀胱腫瘍の症例が上位を占めています。
悪性腫瘍に対する症例が多くなっており、前立腺の悪性腫瘍は、前立腺の針生検を行った症例です。
患者数が10未満の症例は、数値を掲載していません。

ページのトップへ


3. 初発の5大癌のUICC分類別ならびに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準 ※
版数
Stage T Stage U Stage V Stage W 不明
胃癌 - - 10 12 - - 1 7、8
大腸癌 - 13 - 65 14 13 1 7、8
乳癌 - - - 19 - - 1 7、8
肺癌 - - - 19 - - 1 7、8
肝癌 - - - - - 23 1 7、8

※ 1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約


【定義】
 @5大癌の患者さんの人数について、初発と再発(再発部位によらない)に分けて集計しています。
 A初発はUICCのTNM分類から示される患者数を、ステージごとに分けて表示しています。
 B患者数は、延患者数として集計しています。
  入退院を繰り返した場合は、回数分を延患者としてカウントしています。
 CUICCの病期分類は、第7版・第8版を使用しています。
 Dステージが「0」のものは集計対象外としています。

【解説】
 UICCの病期分類は、
 @原発巣の大きさと進展度(T)
 A所属リンパ節の転移状況(N)
 B遠隔転移の有無(M)
 の3つの要素によって、各癌をステージに分類するものです。
当院では、胃癌はステージV、W、大腸癌はステージU、Wと再発、乳癌は、ステージW、肺癌はステージW、 肝癌は再発が多くなっています。
患者数が10未満の箇所は、数値を掲載していません。

ページのトップへ


4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽度 - - -
中等症 17 22.65 82.47
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

【説明】
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
A-DROPスコアを用いて、重症度を分類しています。
<A-DROPスコア>
下記5つのチェック項目に該当した項目を、1項目1点としてカウントします。
点数が高いほど、重症度が高くなります。
 A(年齢):男性70歳以上 女性75歳以上
 D(脱水):BUN(尿素窒素)21mg/dL以上、または脱水あり
 R(呼吸):Spo2(酸素飽和度)90%以下(PaO2(動脈血酸素分圧)60Torr以下)
 O(見当識):意識障害あり
 P(血圧):収縮期血圧 90mmHg以下


【解説】
患者数が多いのは、中等症の患者さんでした。前年と比較して、全体の症例数は減少しています。
中等症・重症の患者さんは、平均年齢が80歳を超えていました。
軽症・重症・超重症の患者数は10未満のため、数値を掲載していません。

ページのトップへ


5. 脳梗塞の患者数

発症日から 患者数 平均
在院日数
平均年齢 転院率
3日以内 54 44.09 77.72 1.52 %
その他 12 47.00 71.75 0.00 %

【説明】
ICD-10(国際疾病分類第10版)を用いて、病型別に集計しています。


【解説】
急性期治療経過後、集中的なリハビリを実施する患者さんには、回復期リハビリテーション病棟へ転棟していただき、社会復帰のためのリハビリテーションを実施しています。
平均在院日数については、他院からの紹介による回復リハビリテーション病棟への入院などにより、日数が長くなっています。
また、在宅療養が困難な患者さんの場合、療養病棟などがある病院への紹介も行っています。

ページのトップへ


6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内   科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
91 0.35 1.18 0.00 % 63.30
K688 内視鏡的胆道ステント交換
26 1.77 14.58 0.00 % 84.15
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他)
15 1.07 15.60 0.00 % 76.60
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
- - - - -
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)
- - - - -

【解説】
内科で最も多い手術は、内視鏡的結腸ポリープの切除術(2cm未満)です。
内視鏡での実施のため、術前後の在院日数は短くなっています。
続いて内視鏡的胆道ステント交換、腹腔内血管等の血管塞栓術(当院では、肝臓に対する手術)が上位を占めています。
その他の症例は患者数が10未満のため、数値を掲載していません。



循 環 器 内 科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)
29 2.00 3.86 0.00 % 74.24
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
22 1.36 4.55 0.00 % 76.95
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
- - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
- - - - -
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)
- - - - -

【解説】
循環器内科で最も多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術です。
続いて下肢閉塞性動脈硬化症の患者さんに対する四肢の血管拡張術・血栓除去術、ペースメーカー移植術、経皮的カテーテル心筋焼灼術、経皮的カテーテル心筋焼灼術が上位を占めています。
当院ではカテーテル治療に力を入れており、可能な範囲で緊急対応も行っています。
患者数が10未満の症例については、数値を掲載していません。



外   科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術
38 2.84 8.26 0.00 % 66.61
K6335 鼠径ヘルニア手術
21 0.86 6.14 0.00 % 67.86
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
20 0.85 6.30 0.00 % 72.75
K610-3 内シャント設置術
19 4.74 16.63 0.00 % 74.26
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
13 1.69 5.77 0.00 % 36.85

【解説】
外科で最も多い手術は、胆のう炎や胆のう結石に対する腹腔鏡下胆のう摘出術です。
続いて鼡径ヘルニア手術、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)、内シャント設置術、腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)が上位を占めています。
地域の開業医の先生方から患者さんを紹介いただき手術を実施することもあり、緊急手術対応も行っています。
また、胆のう摘出術、鼡径ヘルニア手術、虫垂切除術は腹腔鏡下で手術を行っていますが、従来の開腹での手術も行っています。



整 形 外 科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿骨・上腕骨・肩甲骨)
47 3.04 44.38 0.00 % 86.51
K0821 人工関節置換術(膝・股)
23 1.30 46.48 0.00 % 70.09
K0811 人工骨頭挿入術(股・肩)
13 15.23 58.92 0.00 % 83.92
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿)
13 0.08 2.69 0.00 % 53.15
K0732 関節内骨折観血的手術(手・足)
12 5.00 31.83 0.00 % 60.33

【解説】
整形外科で最も多い手術は、大腿骨・上腕骨・肩甲骨の骨折手術です。
続いて膝関節・股関節人工関節置換術、股関節・肩関節の人工骨頭挿入術、前腕・下腿の骨内異物(挿入物を含む)除去術、手・足の関節内骨折観血的手術となっています。
高齢の患者さんに多い、大腿骨骨折の手術が多くなっています。



脳 神 経 外 科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
- - - - -
K2761 網膜光凝固術(通常)
- - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
- - - - -
- -
- - - - -
- -
- - - - -

【解説】
脳神経外科では、硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術、脳動脈瘤頸部クリッピングを行いました。
網膜光凝固術は、脳神経外科入院中に眼科に対応を依頼し実施しています。
患者数が10未満のため、数値を掲載していません。



眼   科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他)
217 0.02 1.80 0.00 % 76.87
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
- - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
- - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
- - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他)
- - - - -

【解説】
眼科で最も多い手術は白内障に対する水晶体再建術です。
片眼は1泊2日、両眼は3泊4日で実施しており、紹介患者も多く、手術件数の多くを占めています。
続いて翼状片手術、眼瞼内反症手術、眼瞼下垂手術となっています。
患者数が10未満の症例は、数値を掲載していません。



泌 尿 器 科
Kコード 名称
患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用)
- - - - -
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
- - - - -
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)
- - - - -
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術
- - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
- - - - -

【解説】
泌尿器科では、膀胱悪性腫瘍手術、体外衝撃波による結石破砕術、前立腺手術、膀胱結石摘出術を行いました。
腹腔膿瘍ドレナージ術は、泌尿器科入院中に外科で対応を依頼し実施しています。
患者数が10未満のため、数値を掲載していません。

ページのトップへ


7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 17 0.66 %
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

【説明】
医療資源を最も投入した傷病が、上記傷病名に該当する場合の合併症の発生率を入院の契機となった病名と「同一」か「異なる」かに区分して集計しました。

【解説】
播種性血管内凝固症候群・敗血症・その他の真菌感染症・手術・処置等の合併症について、症例数が10件未満のものは、数値を掲載していません。
当院では、手術・処置等を行う際に、合併症をおこさないように細心の注意を払い施行しています。

ページのトップへ