• 済生会西条病院について

  • ≫
  • センター長挨拶

HOME » 済生会西条病院について » センター長挨拶

ご挨拶

済生会西条病院・福祉センター センター長 植田 規史

 

済生会西条医療福祉センターは瀬戸内海に臨み、また石鎚山を望む自然に恵まれた地にあり、 “すべての人の「救療済生」”の済生会の基本理念のもとに運営されております。
   当センターは、済生会西条病院を中核として、介護老人保健施設、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、ホームヘルパーステーション、訪問看護ステーションを有する “いしづち苑”、特別養護老人ホームから成っています。
   我が国では、少子化による人口の減少と高齢化により、2025年には、戦後の団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になり、4人に1人が後期高齢者になる超高齢化社会になると予想されています。高齢者人口の増加、それに伴うがん、心臓・血管疾患や認知症などを有する人の益々の増加は、今後、益々医療、福祉、介護の分野において重要な課題になってきます。当センターでは、今後の社会構造の変化に対応できるよう、急性の病気の患者さん、慢性の病気を患っている患者さん、そして介護を要する方々に、必要な医療、療養の提供ができるように、また、在宅と施設・病院とのスムーズな連携ができるよう体制を整備してきております。
   東予地方の医療は、医師不足などで充足されているとは言えない状態が続いておりますが、当センターでは東予地方の他の医療機関、愛媛大学医学部などの県内の医療機関、施設と連携し、西条、東予地方に生活する方々に、最適の療養、介護をそして最先端の治療が受けられるようにしております。
   当センターでは福祉、医療、介護の各専門スタッフを揃えております。住民の皆様が、安心して生活でき、豊かな老後がおくれるように援助いたします。そして、済生会西条病院があるから西条、東予地方に住みたいと思えるセンターを目指しています。

 

ページのトップへ