• 済生会西条病院について

  • ≫
  • 名誉院長挨拶

HOME » 済生会西条病院について » 名誉院長挨拶

ご挨拶

済生会西条病院 名誉院長 常光謙輔

 

当院は昭和33年に市内で開業しておられた赤松寛先生から病院・設備の寄贈を受けて済生会病院の1員に加わりました。個人病院から済生会病院になったのは全国の済生会80病院のなかでも当院だけで、そのユニークさに誇りを感じております。

昭和61年に現在地に新築移転を行い、がんや循環器疾患、脳血管疾患などに対する高度医療や二次救急医療に対応できるように整備致しました。それ以来西条市内の公的中核病院として質の高い、心のこもった医療を提供できるように努力しております。

平成5年には高齢者対策の一環として老人保健施設「いしづち苑」を併設、平成14年には東棟を増設して個室率を46%にすると同時にリハビリ部門を充実させ、健診部門を独立させました。平成19年には南棟を増設してリニアックやPET-CTを導入し、がんの診断・治療を充実させ、平成23年11月に愛媛県がん診療連携推進病院の指定を受けました。

平成19年に常勤の脳神経外科医や循環器内科医が不在となり、一時医療機能の低下を来たしましたが、平成21年4月からは脳神経外科医が、平成22年11月からは循環器内科医が赴任してくれて一応従来の医療機能を取り戻すことができました。しかし地方共通の悩みである医師不足の感は否めず、自院の機能の足りないところは病・病連携、病・診連携で補いながら地域医療の充実のために頑張っております。

平成12年に日本医療機能評価機構の認定を受けて以来、平成17年、平成22年(バージョン6.0)と続けて認定を受けております。

病床数は150床と少なくその内の24床は回復期リハビリ病棟ですが、西条地区の高度医療や救急医療を守るべく病床をフル回転させて頑張っております。

 

ページのトップへ