• 済生会西条病院について

  • ≫
  • 基本方針

HOME » 済生会西条病院について » 基本方針

1.

地域の公的中核病院として、最新の医療設備に裏づけされた質の高い安全な医療と心のこもったサービスを提供します。

 

2.

患者さんの人権を尊重し、情報を十分提供し、インフォームドコンセントに基づいた患者さん中心の医療を行います。

 

3.

救急医療の2次病院として、24時間体制で対応します。

 

4.

開放型病院として,地域の医療機関との相互協力を積極的に行い、地域の基幹病院としての役割を果たします。

 

5.

愛媛県の他の医療機関と協力して、臨床研修病院の役割を担います。

 

6.

地域の医療福祉活動(生活習慣病検診、済生丸による離島の巡回診療、減免診療、老人保健施設・介護支援センターの運営、訪問診察・訪問看護等  居宅サービス事業、居宅介護支援事業、健康教育など)に努め、保健、医療、福祉を総合した診療体制を充実させます。

 

7.

患者さんの立場に立った、安全で良質な医療を提供するため、常に職員の研修・教育を行い、自己研鑽に努めます。

 

8.

職員が誇りを持って働ける、明るく楽しい職場づくりを目指します。

 

9.

職員全員がコスト意識を持ち、健全経営を行います。

 

10.

国際緊急援助隊への参加、中国の友好病院との交流など、国際的視野に立って活動します。

 

昭和61年10月 1日 制定
平成15年 4月 1日 改訂
平成16年 2月19日 改訂
平成17年 4月 1日 改訂
平成19年 4月 1日 改訂
平成22年 4月 1日 改訂
平成27年 4月 1日 改訂

ページのトップへ