• 入院・お見舞いされる方へ

  • ≫
  • 入院・医療費について

HOME » 入院・お見舞いされる方へ »入院・医療費について

入院される方へ

 入院治療を受けられる皆様、いろいろ不安を感じていらっしゃることとおもいます。

 私ども職員一同は、皆様の権利を尊重し、安心して入院生活を送っていただけるよう、病院の理念に基づき、精一杯の努力をいたします。 病気のことや治療のことなど疑問や不安に思われることは、医師、看護師などにどうぞお気軽にご相談ください。

 安心して治療に専念していただき、1日も早く回復されますよう心よりお祈りいたします。

入院に際してのお願い

当院では、入院治療が必要と診断された方には ご予約後入院していただくことを原則としております。 しかし、緊急を要する入院があった場合など、やむを得ず入院日を変更していただくことやご希望の部屋が確保できないことがあります。
入院中でも症状によっては部屋を替わっていただくこともあります。あらかじめご了承ください。
また、当病院では、院内全面禁煙となっていますのでご協力をお願いいたします。

緊急を要する方に入院していただくために、症状が安定した場合には、退院や転院をしていただいております。 こうした場合も、紹介先の病院、医院に継続治療をお願いしたり、当院外来で診療したり最善の努力をいたしますので、退院、転院が決まりました際は、ご協力をお願いいたします。

健康保健法改正により入院期間が180日を超える場合は、保険診療費とは別に自費診療費を負担して頂く場合もあります。
医療費についてわからないことは、各階ナースステーション内医事係までおたずねください。

入院の手続き

入院当日の手続きには、次のものが必要です。
受付フロントかナースステーションの医事係にご提出ください。

なお、緊急入院などでやむを得ない場合は、入院後速やかにお願いいたします。

入院日の手続きについて

■ 入院当日は、ご連絡した時間に受付フロントにお越しください。
■ 保険証・医療受給者証のご提出がない場合、自費扱いとなります。
■ 交通事故で入院された方の診療費は、原則として直接ご本人に請求いたします。
  なお、使用される保険種別等でわからない点がありましたら、各ナースステーションの医事係に
  ご相談ください。
■ 入院中に保険の資格や種類などに変更が生じた場合は、ただちにナースステーションの医事係か
  受付フロントにご連絡ください。

入院時ご用意いただくもの

ご用意いただくもの

服薬中のお薬をご持参ください

入院中の生活について

1日の流れ

食事

食事はできるだけ食堂をご利用ください。
治療上必要な場合、食事が禁止されたり、制限されたりする場合があります。

テレビ

備え付けのテレビ(有料)をご利用になる方は、エレベーターホールに設置している販売機でテレビ専用カードをご購入ください。
また、ご覧になる際は他の人の迷惑にならないようにイヤホーンをご使用ください。
消灯後はご遠慮ください。

電気器具

持込には制限があります。看護師にお尋ねください。

院内での携帯電話のご使用について

貴重品

多額の現金や貴重品などは、盗難の恐れがありますのでお持ちにならないで下さい。
大切なものは、短時間でもベッドを離れる際は携帯をお願いします

付き添い

入院中の看護は看護師がいたします。
ただし、病状によって家族が付き添いを希望される場合は、医師の許可を受け、ナースステーションに用意しております『付添許可願い』をご提出ください。
なお、こうした場合、付添証明書などの発行はいたしません。

外出・外泊

原則認めておりませんが、希望される場合は医師の許可を受け、ナースステーションに用意しております『外出 外泊許可願い』にご記入のうえご提出ください。

その他

入院中の飲酒は厳禁です。また院内は全面禁煙となっております。 ゴミに関しては、基本的に入院患者様に持ってかえっていただくようご協力をお願いします。

入院中の生活について詳しいことは、看護師からご説明いたします。

面会について

面会時間

■ 療養のため、面会は看護師の許可を受けてから入室し、できるだけ短時間でお願いします。

■ 多人数での面会や、お子様連れでの面会、ペットの持ち込み、病室内での飲食はご遠慮
  ください。

■ ハイケアユニット治療室(高度治療室)での面会は、2階ハイケアユニット治療室(高度治療室)
  正面入口右側の備え付けのインターホンで看護師におっしゃってください。

■ 院内の出入り口は本館正面玄関のみとなっています。
  なお、院内保全のため夜間(午後11:00〜午前5:00)は締め切りとさせていただきます。
  緊急の場合は、守衛室か正面玄関入口に備え付けのインターホンで守衛におっしゃってください。

入院費用について

当院は、平成22年7月1日より、厚生労働省が推進している 【DPC:診断群分類別包括評価】という新しい医療費制度の対象病院となります。 これにより、入院医療費の計算方式が変わります。

新しい計算方式は、 従来の診療行為ごとに計算する 「出来高払い方式」 とは異なり、患者さんの疾患等により厚生労働省が定めた 1日あたりの金額からなる 「包括評価部分」 と 「出来高部分」 を合計し計算する 「包括払い(DPC)方式」となります。 なお、新しい医療費制度による請求は、原則平成22年7月1日以降に入院された患者さんから対象となります。

計算方法

有料室について

有料室は個室と二人部屋があります。
ご希望の方は、ナースステーションまでお申し出下さい。
なお、入室した日および退室した日は規定料金をいただくことになりますのでご了承ください。
(例えば、1泊2日で入院された場合、室料金は2日間分として計算いたしますので、ご了承ください。)

【本館】

種類 ベッド
部屋番号 設備等 料金
(1日)
特別室 9 3F:330、331、332
4F:430、431、432
5F:530、531、532
お風呂、トイレ、洗面、テレビ、
冷蔵庫、エアコン、電話
7,000円
準特別室A 6 3F:305、306
4F:405、406
5F:505、506
お風呂、トイレ、洗面、テレビ、
冷蔵庫、エアコン、電話
5,500円
準特別室B 15 3F:333〜338
4F:433〜438
5F:533〜538
トイレ、洗面、テレビ、冷蔵庫、
エアコン
5,000円
準特別室C 9 3F:302、303、340
4F:402、403、440
5F:502、503、540
トイレ、洗面、テレビ、冷蔵庫、
エアコン
4,600円
一般個室A 3 3F:317
4F:417
5F:517
洗面、テレビ、エアコン 4,000円
一般個室B 18 3F:308、310、315、316、
  326、327
4F:408、410、415、416、
  426、427
5F:508、510、515、516、
  526、527
洗面、テレビ、エアコン 3,000円

【回復期リハビリテーション病棟】

種類 ベッド
部屋番号 設備等 料金
(1日)
一般個室A 2 801、805 トイレ、洗面、テレビ、冷蔵庫、
エアコン
5,000円
一般個室B 2 802、803 洗面、テレビ、エアコン 4,000円

【その他の料金】

種類 料金 備考
付添用ベッド使用料 100円 1日につき
病衣貸与料
(緊急時・ハイケアユニット治療室入院のみ貸与)
100円 1日につき
文書料
(1通につき)
一般診断書・証明書 1,000円 院内所定用紙
一般診断書(警察提出用) 3,000円 院内所定用紙
交通事故診断書 5,000円 任意・強制保険用
交通事故明細書 3,000円 任意・強制保険用
身体障害者診断書 5,000円 市役所所定用紙
入院診断書・証明書 5,000円 保険会社所定用紙

■ 上記金額には、消費税が含まれておりません。

■ 領収書は、大切に保管してください。再発行はいたしません。

■ 請求書の内容で不明な点がございましたら、ナースステーションの医事係か会計窓口にお問い合わせください。

DPC入院医療費のQ&A

Q.すべての入院患者がこの制度の対象になるのでしょうか?

一般病棟に入院される方は、すべてDPCの対象となります。
例外として以下の場合は、従来通り出来高支払制度の対象となります。
 ・疾患等が診断群分類のいずれにも該当しない場合
 ・労務災害、公務災害、交通事故(自賠責)等の自由診療で入院された方
 ・回復期リハビリテーション病棟に入院される方   など

Q.医療費の支払い方法はどう変わりますか?

医療費の一部負担金の支払い方法は、従来の方法と変わりありません。
また、高額療養費制度や、公費医療の取扱いも変わりません。
但し、入院後の病状の経過や、治療内容の変化等によって、診断群分類が変更された場合は、入院初日に遡って医療費の計算をやり直すため、一部請求額が変更となります。
退院時等に前日までの支払額との差額調整を行なうことがありますので、予めご了承ください。

Q.食事の料金もこの料金に含まれますか?

従来どおりの金額を別に負担していただくことになります。

Q.入院費の請求方法は変わりますか?

従来どおり、月末締めで翌月の7日までに請求書をお届けします。
(退院される場合は、退院時にお届けします)
1階の会計窓口で清算してください。

Q.複数の病気を治療したり、転科したりしたときはどうなりますか?

DPCでは、患者さんの入院期間を通して「最も医療資源を投入した病名」で1日あたりの医療費を決定します。 よって、複数の病気を治療したり、転科したりした場合でも、その中から主治医が病名を1つ選んで決定することとなります。

Q.入院中に、他の医療機関を受診できますか?

原則として、当院入院中に、他医療機関での診療や投薬を受けることはできません。
但し、主治医が、当院ではできない専門的な診療が必要と判断した場合は、他医療機関へ紹介させていただく場合もあります。
他医療機関の診療を希望される場合は、まずは主治医にご相談ください。

※入院医療費についてご不明な点がございましたら、各病棟ナースステーションの事務までお問合わせください。

医療相談について

 療養中の心配ごとや診療費については、メディカルソーシャルワーカー(MSW)がご相談に応じますので、ナースステーションか受付フロントにお申し出ください。
 また、介護保険についてのご相談もお受けしています。

退院の手続き

■ 退院は医師の許可が必要です。

■ 退院日までの入院費用は、ナースステーションの医事係がご連絡いたします。
  病室でお待ちください。

■ 退院時の会計は、伝票整理の関係上、退院後に追加で請求する場合もありますので、
  ご了承ください。

■ 当院では退院後もご家庭において療養を行う方に対して、訪問診療、居宅療養支援、
  訪問看護、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション事業などを行っております。
  ご希望される方は医師・看護師・MSWにお申し出ください。

その他

ご意見箱
皆様からの貴重なご意見を、日々の医療・サービス活動にいかしていきたいと考えています。 ご意見箱は本館各階にあります。

■ 手術中は、手術室前の待合室か家族控え室でお待ちください。

■ 電話をご利用の方は、各階に設置している公衆電話をご使用ください。
  また、電話の取り次ぎは緊急の場合を除いて午後9時以降はご遠慮ください。

■ 電話料金などで両替の必要な方は、1階の会計窓口をご利用ください。

■ 病院の規則を守らない、医師・看護師の指示に従わない、他の人の迷惑になるといった場合は、
  退院していただくこともありますのでご了承ください。

■ その他不明な点、ご相談などがありましたら、医師・病棟看護師長・看護師にお申し出ください。

当院では、医師・看護師等の職員への謝礼は、固くおことわりしておりますのでご協力ください

ページのトップへ